豊岡市ってどんなところ? Part01

豊岡市といえば〇〇だよね。」
〇〇内に何か入った人はいるだろうか?
豊岡市へよく行く筆者ですら、「但馬牛」くらいしかパッとは思いつかなかった。
そこで豊岡市の事を知っていこう!というのが今回のテーマです。


豊岡市ってどこにあるの?

f:id:TJM-haru:20170315204130g:plain:w250
力作ですクソみたいな絵ですみません。これが筆者の限界です。片手に地図などあると、少しはわかりやすくなるかもしれません…。
この地図のようなもの赤色部分豊岡市です。兵庫県の北東部に位置しています。

有名なものや場所は?

城崎温泉

豊岡市で温泉と言えば城崎温泉がまず1番に挙がるだろう。約1300年の歴史を持ち、江戸時代の温泉番付では西の関脇にランク付けされる由緒正しい温泉だ。
特徴的なのは、7箇所ある外湯巡りが主体であること。そして、その外湯につながる川沿いに温泉街を形成し、風情ある趣となっている。
ちなみに志賀直哉の「城の崎にて」の「城の崎」とは城崎温泉のことである。

西日本屈指の豪雪都市

今年の2月10,11日は全国的に雪だったが、他にも漏れず豊岡市も雪だった。積雪の量は75cm。(!?)なんと平年値の4倍だったそうだ。
筆者もたまたま11日に豊岡市へ行ったのだが、普段は通りやすい国道が一面の雪景色。正直唖然だった。
年間平均降雪量も、石川県金沢市福井県福井市といった豊岡市よりも北の豪雪地帯よりも多い。筆者はスノーボードが趣味なので嬉しい反面、除雪の大変さに戦々恐々でもあります。

但馬牛

但馬牛とは兵庫県産の黒毛和種の和牛のことである。
現在日本全国の黒毛和牛の繁殖メス牛の内、99.9%が但馬牛の子孫であるらしい。それってほとんど但馬牛じゃないか!!
余談だが、筆者の祖父も但馬牛の飼育をしていた。(現在は廃業している。)

コウノトリ

豊岡市では、絶滅危惧種であるコウノトリの繁殖に取り組んでいる。コウノトリ飼育場の周辺地域に生息可能な環境が整備され、周辺の農家も農薬の散布を控えて無農薬栽培に切り替える等の協力をしているそうだ。
また前述の城崎温泉に、コウノトリが傷を癒していた事により見つかったという伝説がある温泉があるらしい。


このように自然が豊かな豊岡市、まだまだ名所や美味しいものはたくさんあるのだが今回はこの辺で。(下手な地図書くのに疲れた。)